現代の日本人も、歌舞伎好きのDNAを受け継いでいる!




私がそう確信したのは、

ドラマ『半沢直樹』が流行った時です。








大学時代、歌舞伎を実演するという、

一風変わった部活動をしていた私。




こう言うと、根っからの歌舞伎好きと思われそうですが、

カブキ部に入部するまで、一度も歌舞伎を観た事もなかったし、

入部後も、「こんなの、何が面白いんやろう」と思っていました・・・(汗)




その後、「やるのは楽しいけど、観るのはさほど」という時代が続き(苦笑)、

そういうわけで、えらそうにブログを書いていこうとしていますが、

自分でもビックリするくらい、歌舞伎の知識が少ないです。

今でも、話をしている相手から

「私も歌舞伎が好きなんです!」などと言われたら、

震えるほどビビる(笑)

(あ、「観たことない」っていう一般の方よりは、もちろん知ってますよ!笑)




でも、そんな私でも、

歌舞伎は面白いと思うし、

せっかく日本人に生まれたのだから、

1回くらいは観てみてほしい!

できたら好きになってほしいと、心の底から思います!







「何言ってるかわかんない。」

「どこが面白いのかわかんない。」




これらは、ちょっとしたコツや慣れで解消できます。

ちょっと時間がかかるかもしれないけど…




歌舞伎も「芝居」の一部なので、

笑ったり、感動の涙を流したりする話もあります。

現代人の感覚からは「ちょっ・・・」「えええ!?」ってなるような作品もありますけど(笑)

それもそれで、色々ツッコめて面白いです(笑)




世の中には、詳しい解説をなさってる方や、

大好きで大好きでたまらない!という方もいらっしゃると思うので、

逆に、私くらいの「好き」度合いの人間が、

ゆるーく、歌舞伎の楽しさをお伝えするのもアリかなと思っています。




まだまだ私も勉強中ですが、お付き合い頂けましたら幸いです。


スポンサーサイト
2015.05.13 Wed l 歌舞伎がユルくスキ☆ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/85-ccc79f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)