京都・南座で開催された、

歌舞伎×謎解き 京都謎解心中 ~黄泉の国からのラブレター~

に、参加してまいりました。

めっちゃ楽しかったよ~!

DSC_0284.jpg

DSC_0285.jpg


メンバー:

・私の妹 (脱出ゲーム経験:7~8回?)

・妹の友人(脱出ゲーム経験:1回)

・ダンナ・たかみん(脱出ゲーム経験:初めて)

・そして、私(脱出ゲーム経験:初めて)




まず、参加者は1Fの座席へ・・・。

憧れの1F席!

幕がこんなに近い!

DSC_0287.jpg




親子連れや友達同士という参加者が多かったように思います。

小学生らしき子も数名見かけましたが、

年齢層としては、20~40代がメインかな?

何にせよ、普段の歌舞伎公演では見られない、年齢層の低さ・・・!




「この脱出ゲーム、今まで行ってきたのとちょっと違うわ」と妹。




 (1)最初に手渡された用紙に、何も謎やクイズが書かれていない

   (クロスワードパズルなんかが載っているのが定番だそう)

 (2)出される謎が少ない




というのが、特に違ったようです。





まずは1F席で説明を聞き、謎解きスタートです。

謎解き時間は1時間。




どうやら、途中までは、参加者全員が必ず解けるようなシステムになっていたみたいです。




私達もかなりいい線まで行ったのですが、


最後が解けなかった・・・!!




時間切れとなり、解けなかった参加者は、再び1F席に集合。

私達も1F席へ。

謎解きの解説時間です。




「あぁ!」「なるほど!」と、あちこちから声が。




で。

最後の最後まで解けた参加者には、

白波五人男の稲瀬川の舞台セット(※1)と三味線(※2)で舞台上に上がり、

花道から退場するという、豪華特典が・・・!

う・うらやましすぎる・・・!!!!





↓花道。画像は無人ですが、正解者の皆様がここを通ってはりました。
DSC_0290.jpg

※1:正式名称は「青砥縞花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ) 稲瀬川勢揃いの場」。
   桜並木が鮮やかな舞台セットです。

※2:「青砥縞花紅彩画 稲瀬川勢揃いの場」の、一番最初の、唄の始まる直前の前奏部分でした。
   かなりリズミカルな三味線です。







最後までは解けませんでしたが、最後の解説でスッキリできたし、

とっても楽しかったです~!




-----------------------------




ゲーム開始前に、客席で、

「南座に初めて来られた方、手を挙げて下さい」

と質問があったのですが、8割・・・いや、

9割くらいの参加者が挙手をなさっていました。

そ・そうか、そこまで少ないのか




「これをきっかけに、歌舞伎に親しんでもらえたら・・・」

という主催者の願いを随所に感じた、今回の脱出ゲーム。




私も、この脱出ゲームをきっかけに、

「歌舞伎、いいかも!」と思う人が一人でも増えたらいいなと思っています。
スポンサーサイト
2015.05.05 Tue l 今日の歩み l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/78-a44646a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)