FC2ブログ
会社の社員のおじ様に

「読んでみるか?」と渡された本。


海賊とよばれた男 上海賊とよばれた男 上
(2012/07/12)
百田 尚樹

商品詳細を見る



海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)
(2014/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る



「下巻の中盤からは面白かった」と聞きましたが

(それって、かなり最後の方ですやん!苦笑)、

最初から面白かったですよー!!




主人公の苦悩、

徐々に飛躍していく様子、

巨大な敵にもひるまず、「ムリだ」と思うようなことにも果敢に挑戦する姿。

読んでいてスカッとするし、グングン引き込まれました。




「自分の信念を曲げない」という主人公の生き方にも感動。




正直なところ、

最後の方の文面に、思想の押し付けを少々感じましたが、

主人公の人生に、自分の今の生き様を大いに反省しました・・・。






こんな日本人が本当にいたのだとしたら、

それってかなり誇らしいこと。

そういう点は、少しは見習おうと思います。





それにしても、

あの戦争で亡くなった方たちが今の日本を見たら、

どんな風に感じるんだろう。

そう思わずにはいられません。
スポンサーサイト
2015.04.27 Mon l これに感動! l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/69-f4c432d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)