FC2ブログ
我々大人が、

赤ちゃんや若者に感じるまぶしさは、

これから、何色にも染まれる白色の輝きなのではないか?

そんな風に思う時がある。




我々大人は、

もう何色かに染まってしまっているだろうけれど、

じゃあ、もう何色にも染まれないかと言うと、

そんなことはないと思う。




ただ、

例えば、あなたが赤色に染まっていたとして、

今から、青とか黄色に染まるのは、

ちょっと難しいかもしれない。

でも、

赤色に、

青を足して、紫色になるとか、

黄色を足して、オレンジ色になるとか、

全く別の色に染まることもできるはず。

逆に、

すでに、赤色に染まっていたからこそ、

新しい色を足して、

深みのある色に染まれるかもしれない。




一番ダメなのは、

「もう、自分は何色にもそまれない染まれない」

と、決めつけてしまうこと。

新しい色に染まる必要はないかもしれないけど、

自分の可能性を否定するのが

一番残念なことなのではないかと

私は思います。




新しい色に染まることを恐れるな!








スポンサーサイト



2016.08.30 Tue l 考えたこと。 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/582-917a1363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)