FC2ブログ
どうも、SMAPの解散って、

熟年離婚や、嫁・姑問題を見てるみたいな

気がしてしまうんですよね、私。




SMAPの解散なんてどうでも良いと思っている男性は、

熟年離婚も、嫁・姑問題も、

自分には関係ないと思っている気がするんですが、

SMAPは確かにどうでも良いと思うのですが、

熟年離婚も、嫁・姑問題も、

他人事じゃないんだぞ!




と、いうわけで、

SMAP解散劇のどの辺りが、

熟年離婚や嫁・姑問題っぽく感じるのか、

書いておこうと思います。






●まるで熟年離婚のようだ。




不満が爆発した妻と、

何故、離婚を突きつけられるのかわからない夫。

まさに、この構図じゃないですか?

妻の立場の私としては、メンバー4人側の気持ちに

「わかるわかる!」と思ってしまいます。

いくら好きでも、

やっぱり、ダンナに不満がたまることもあるわけで…(笑)

した方は忘れていても、された方は忘れない。

「相手が許してくれた」と思っても、

許してもらえたことを忘れてはいけないわけです。


「昨日今日に始まったことではないんです。
 僕たちは15年前にもう壊れていたんです。
 でも、そこから10年やり続けた。」


というコメントが報道されていましたが

(例えばこちらhttp://shukan.bunshun.jp/articles/-/6461

これなんて、熟年離婚のセリフそのままやん!




●まるで嫁・姑問題のようだ。




これは、2つあって、

まずは、姑目線=工藤静香。

女という生き物は、

(息子やダンナなどの身内も含めた)好きな男が、

(嫁や姑などの身内も含めた)よその女の言うことを聞くのを

腹立たしく思うものだと思うんです。


キムタクは工藤静香にいろいろ言われてるのかなぁと、

ファンでない私でさえ思うのだから

ファンであればなおさら、

「工藤静香、許すまじ!」

ってなってるのじゃないのかなぁと思うのですが



「あんな嫁の言いなりになりやがって!」


という気持ちが、

ファン心理にも、きっとあるだろうと思います。

もしかしたら、キムタク以外のメンバーも、

同じ気持ちだったりして…?




それから、嫁目線=ジャニーズ事務所。

キムタクをかばって、他のメンバーを

悪者に仕立て上げようとしているように見えちゃうのですが、

これって、

「息子が不倫をしたのは嫁のアナタのせい」

という姑のセリフのようではありませんか?




私にとって、SMAPは一流のエンターテイナー達であり、

好感度は高いのですが、

CDの1枚も買ったことない(借りたことさえないかもしれない)くらい、

全くSMAPのファンではありません。

それでも、今回の解散劇は、

感情移入をしてしまうのですよね…。




女性達がSMAP解散にきゃーきゃー言ってるのを

冷やかに眺めている男性(特に既婚者)にこそ、

こういう類似点があることを知ってもらって、

何で、解散って話になっているのか、

今後、SMAPがどう展開していくのか、

知っておいても良いんじゃないかと思います。

ダンナ・たかみんなんかも、全然興味ないって言ってたけど、

熟年離婚や嫁・姑問題を、

SMAPの解散劇から学ぶというのは、

アリなんじゃないかと、個人的には思います。






スポンサーサイト



2016.08.20 Sat l 考えたこと。 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/574-58866739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)