FC2ブログ
“昔の映像を見たら、

ダラダラしてると言われるなって

思い当たる節はあるんです。”


“周りが脱力派って捉えるのは

否定しないんです。

ガツガツ頑張って

大変だねって思われるより

いいじゃないですか。”


“日々の仕事を振り返ると、

脱力してできることなんて何もないんです。”




昨日の朝日新聞に掲載されていた、

「浮き沈みある業界で20年

ゆる~く生き抜けた秘密は?」

という質問に対する、

PUFFYのお二人の答え(の、一部)。




やっぱり、何かを掴もうと思ったら、

棚ぼたを待っていてはダメ!

脱力でもダメ!なのです!

大して努力してないように見えるのは、

その人が、努力を見せていないだけ。

それなのに、

「あの人はズルイ!」

「(才能や運、人脈に)恵まれてるだけ」

などと考えるのは、お門違いですよね。




“「もっとやる気出せ」

って人もいるかもしれないけど、

大丈夫。必死だから。

見えてない、見てないだけでしょ。”



“20年も続けられたのは、頑張ってきたから。

ゆるく生きても、いいことねえぞって言いたいです。”




締めのお二人の言葉も、すごく共感。



スポンサーサイト



2016.04.10 Sun l これに感動! l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/448-0b962a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)