FC2ブログ
“茶の間に戻ると、やけに家の中が静かに感じられた。

 やはり、隣に徳三夫婦がいないせいだ。

 その時間には、うめより先に寝ていることが多かったので、

 静かさには変わりがないはずだが、

 人が暮らしていない家は、どうも違う。

 家は人が住んでこそ家なのだ。

 住む者の気が満ちている。

 無人の家は、人にそうだと教えられなくても、

 どこかうらぶれた気分が漂っている。”




先日まで朝日新聞で連載されていた小説、

『うめ婆行状記』に、

数日前に書かれていた文章です。




これ、ホンマにその通り!




私の実家も、(特に母は頻繁に来てはいますが)

誰も住んでいない状態…。

何となく、家族が住んでいた時より、

肌寒さと、よそよそしさを感じます。




二級建築士としても、

やっぱり、

家には、誰かが住んでいてほしいし、

住んでいる人が幸せであってほしいと思いますね~。






ゆきFacebook(お友達申請はお気軽にどうぞ♡
https://www.facebook.com/yuukiyuki.artist


結貴ゆきFacebookページ
https://www.facebook.com/yuukiyuki.art
スポンサーサイト



2016.04.04 Mon l 考えたこと。 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/413-80967f3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)