FC2ブログ
やっぱり、実践して実力を積まないと。

いくら机上で勉強したって、

それは所詮、「お勉強」にすぎないんだ。





私自身、社会人になってから、

いくつか資格を取って実感したこと。




資格試験に合格することは、あくまでスタートライン。

お勉強と実践は、全くもって別物。

私も、おそらく難しい部類だろう2級建築士の資格を取ったが、

劇的に、設計業務ができるようになったわけでは全くないわけで。

仕事では、習っていないことも多々ある。

もちろん、資格を持っていないとできない職業もいっぱいあるけど、

お勉強ができたからといって、

イコールで「仕事ができる」とは限らない。

そこから、いかに自分で実力を積んでいくか なのだ。




あと、資格に関して思うのは、

「人気がある」という資格は、

取ってもあまり意味がないんじゃないか?


ということ。

だって、同じ資格=同じような能力を持っている人がたくさんいるってことやから。

「士業」と言われる職業だって、今は就職が難しいと聞く。

だから、「資格を取ったら就職できる」というような考え方は安直すぎると思う。




そんなことをふと思ったのは、

こちらのブログを読んだから。

カメライター・ブロガー かさこさんのブログ
安定を求めるから安定を得られない
http://kasakoblog.exblog.jp/12545106/





不安定な時代だからこそ、他人に安定を求めるのではなく、
自分が安定になること。
どんなことが起きても、転職できるスキルを身につけていれば、
企業の業績にかかわらず、
自分は安定した生活が送れる。
それが真の安定志向だ。





と、かさこさんは書いているが、

その「安定」を、安易に資格に求めるのは危険だと私は思う。




2級建築士をはじめ、私がいくつか資格を取ったのは、

社会人になった時、いや、大学での就職活動時期に、

「事務員」では、正社員は狭き門だと実感したから。

資格があれば、ただの事務員より、

選ばれやすいんじゃないかな~、

同じ条件の人間の応募があった時、

資格があった方が、最終的に選ばれやすんじゃないかな~

他の選択肢も選びやすいかな~、という、

あくまで、自分が食べていくための「保険」。




資格の種類にもよるだろうけど、

資格に対する考え方は、

「へのツッパリくらいにはなるでしょ」

くらいの方が良いように、個人的には思います。




結貴ゆきFacebookページ
https://www.facebook.com/yuukiyuki.art



スポンサーサイト



2015.11.07 Sat l 考えたこと。 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
履歴書の箔にはなりますかね~(^_^;)
でも、おっしゃるとおり、採用されてもそこもスタートラインであって、そこから何を為すかが大事なんですよね。
2015.11.07 Sat l 椿. URL l 編集
Re: No title
椿様>

コメントありがとうございます。
確かに、全く無意味ってことはないと思うんです。
でも、資格持ってるだけじゃアカンぞっていう、自分への自戒も大いにあって。

あと、資格も、取るための学校とか、
そもそも資格の受験料・合格後の登録料とか、
一大ビジネスだよなっていう点に、ちょっと疑問も感じるのです(^^;)
2015.11.08 Sun l 結貴ゆき. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/264-9c5e772d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)