FC2ブログ

なぜなら、

どれだけ「こんなアイディア考えるの、自分しかいない!」と思えるアイディアでも、

他に実行する人がいないとは限らないから。




昨日のブログで、ライトノベル『カブキブ!1』の感想について書きましたが、

『歌舞伎×部活』、私もやろうと思っていたんですよ。

私の場合は、マンガでやりたいなと思っていたんですけど。

でも、世の中にはすでに、『歌舞伎×部活』のライトノベルが存在しているわけで。

20151013.jpg

『カブキブ!1』の初版発行日が、平成25年8月25日。

『歌舞伎×部活』でマンガを描きたい と人に言ったのは、

まさに先週の木曜日(平成27年10月8日)が初めてでしたが、

もうけっこう前から、おそらく2年前にはすでに、

『歌舞伎×部活』で何か話を書きたいな~とは、思っていたのですよ…

…ほら、説得力、ないでしょ?




もしかしたら、昔も今も、

「面白い!」と思う、何か1つのアイディアを思いつく人は、

何人もいたかもしれません。

でも、資源や資金、マンパワーなんかの関係で、

実際に、そのアイディアを形にできる人は少なかった。

で、そのアイディアが形になって世の中に出た時、

「あ~!それ、自分も考えてた!」みたいな。




ところが、インターネットや、さまざまな技術が発達した今、

昔は限られた人しかできなかった色々なことが、

簡単にできる時代になったと思うんですよ。




そうなってくると、アイディアの実現化も、

スピード勝負になってきますよね。




いや、正直なところ、

『歌舞伎×部活』なんて組み合わせを考えつくのは経験者しかいないんじゃないか?

で、経験者が実際に、何か話を書くなんて、めったにないんじゃないか?とずっと思ってて、

実力もないし、というか、そもそもマンガなんてどう描いたら良いかわからないし と、

ずっと後回しにしてきましたが、

完全に足元をすくわれた思いです。

「そっかー!同じこと考える人がいたんだなー!」と…。




そういうわけで、何か良いアイディアをお持ちの皆様におかれましては、

結貴の苦い経験を生かしていただき、

できるだけ早急に、そのアイディアを形にしていただけたらと思います。

本当、「やられたー!」って思いは苦いんやから!




スポンサーサイト



2015.10.14 Wed l 考えたこと。 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/242-057927f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)