FC2ブログ
なぜなら、本番には魔物が住んでいるから。




どれほど準備や段取りをしても、

不測の事態というものは、発生するもので。

なくすことはできないけど、

準備や段取りをきちんとしておくと、

不測の事態を減らすことはできます。

その場その場で判断しなきゃいけないことも減らせるし、

不測の事態に対応するための心の余裕もできる。






今日は、ダンナ・たかみんのお友達(新郎)の結婚式に

夫婦で出席してきたわけなのですが…




今朝、9時頃。

たかみんの双子の弟から連絡があり、

急きょカメラ係を頼まれたのです!

「カメラは、一眼レフを新郎が用意するから」と…。

たかみん、一眼レフに触ったことがない上に、

めったに写真も撮らない人、なのです。

「お前やれよ」と、たかみんが双子弟に言ったところ、

「無理。オレ、受付と司会」

(゜ロ゜;ノ)ノ




双子弟に、司会のオファーがあったのが、9/25。

その後、お互いバタバタしていて、話を詰めないまま、

前日の夜9時に、司会について、打ち合わせしようと連絡があり、

深夜の12:30から2時まで、打ち合わせをしていたのだとか…。

それって当日ですやん!





本番ナメんな!

結婚式ナメんな!

ε=ε=(怒゚Д゚)ノ






結論から言うと、全部何とかなりました。

新郎の妹さんが、挙式前から、一眼レフでノリノリで撮影をしていたので、

写真撮影は、そのままお任せすることに。

司会も、新郎新婦の家族と数名の友人、

合計20名ほどだったことや、

ウェディングプランナーさん他スタッフのきめ細やかな対応や、

さほど、時間がかかるようなこともしなかった点、

披露宴でやることも、そんなにたくさんなかったおかげで、

多少噛んだり言い間違いなどはありましたが、

どうにかなりました。

(双子弟も、原稿など、ギリギリまで用意していたおかげ というのもあります)




アットホームな雰囲気で、笑いあり涙ありの

なごやかな中で進行し、終了しましたが、

本当に、ヒヤヒヤしましたよ。




まぁ、その友人が結婚式をやることは、もう二度とないハズなので(笑)、

終わりよければすべてよし!で、めでたしめでたしなのですが、

こういう一生に一度の晴れ舞台は、頼まれる方も責任重大なので、

やはり、準備や段取りは、きちんとやっておくに越したことはありませんね。



スポンサーサイト



2015.10.12 Mon l 考えたこと。 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/240-c5fd362d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)