FC2ブログ

「人の記憶は、(自動的に)次の世代に受け継がれるわけではないのだ」

という、当たり前のことに気付いたのは、今年の初め。

卒業した大学が発行しているOB向け機関紙を読んだ時でした。




今年は、阪神大震災から20年。

機関紙には、

「私たちは、阪神大震災の時には生まれていなかった・震災のことを覚えていないので、

 体験者から話を聞いて学んでいる」

という趣旨の、現役大学生の話が載っていました。




阪神大震災のことを、「学ぶ」?

阪神大震災のことを、知らない?




と、当初、とても驚いたのですが、

冷静に考えたら、そうなんですよね。

20年前には生まれていなかった学生さんや、

幼くて、覚えていない学生さんばかりなのは、当たり前のこと。




そして、改めて感じたのです。

「記憶が受け継がれるのは、誰かが語ったりして、記憶のバトンを渡すからなのだ」

という、至極当たり前のことを。




あれだけ大変なことがあったのだから、

少しくらい、DNAに記憶が織り込まれるとかして、

受け継がれても良さそうなものを とも思うのですが、

そんなことをしたら、きっと、余計な記憶までが受け継がれてしまったり、

しちゃうんでしょうね。




阪神大震災だけでない。

その後、日本は東日本大震災も経験したし、

70年と少し前、日本は第二次世界大戦も経験した。




受け継ぐ記憶、

受け継いでいくべき記憶は、

つらくても、やはり、語ったり、文章にしたりして、

後世に残す。

そういうこと、大切だと思います。



スポンサーサイト



2015.08.19 Wed l 考えたこと。 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/184-f2bec757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)