FC2ブログ




戦争が廊下の奥に立ってゐた






渡邊白泉の作で、

このように、季語の入らない俳句を「無季俳句」と言うのだそうです。




先日、この一句を聞いてから、頭から離れない。

ズシンと重く響き、

鉛を飲んだような気持ちです。




この句のような世の中に戻ってはいけない。絶対に。
スポンサーサイト



2015.08.05 Wed l これに感動! l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/170-9fe001f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)