FC2ブログ
h301102_01.jpg


今、世界中で起こっている、

経済格差や経済危機、環境破壊といったことを、

「お金」が引き起こしているということ、

現在の「お金」が持つ機能、

そもそも、「お金」とは何なのか?ということ、




持っていると価値が減ってしまうお金や、地域通貨など、

現在の「お金」や、金融システムの持つ問題を解決しうるような、貨幣の話、




そういったことについて、書かれた本でした。




特に、面白いと感じたのが、

減価するお金や、地域通貨などのお話しでした。

これらは、貯めこむ意味がない(貯めると、逆に損になる)お金であり、

まるで血液のように、地域社会を循環する ということ、

さらに、地域社会での人の交流や繋がりを生み出す ということで、

これからの世界に、もっと必要なんじゃないかなって思いますし、

もっと広がってほしいなって思います。




それにしても。

ファンタジー作家であるミヒャエル・エンデが、

金融システムへの疑問や問題意識を持っていた ということも知らなかったし、

そういうことを、代表作『モモ』にも書いている ということも、

全く気づきませんでした。

『モモ』は、私も小学生の時に読んだので、

もう一度、読んでみようかな。

小学生の頃と、また違った感想を持つに、違いありません。




☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆




結貴ゆきFacebook(お友達申請はお気軽にどうぞ♡)
https://www.facebook.com/yuukiyuki.artist

結貴ゆきFacebookページ
https://www.facebook.com/yuukiyuki.art

インスタグラム
https://instagram.com/yuukiyuki.art/

ツイッター
https://twitter.com/Yuukiyuki_art


スポンサーサイト
2018.11.17 Sat l これに感動! l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aiseiblog.blog107.fc2.com/tb.php/1391-1ff93684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)